スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪犬鳴山 七宝瀧寺

大阪府泉佐野市の犬鳴山の山中にある 七宝瀧寺に行ってきました

「犬鳴山」といえば。。。? 温泉と思っていましたが
先日テレビで 七宝瀧寺のことや なぜ「犬鳴山」と呼ぶか
紹介されていて 刺激を受け その翌日に車でビュ----ン!


観音堂近くの駐車場に車を止め 本堂を目指します
IMG_7565七宝瀧寺-01


IMG_7567七宝瀧寺-02





猛暑日でしたが 山の中 標高も高く 木陰のおかげで
思うよりも涼しく 清々しい空気でした
IMG_7571七宝瀧寺-03



IMG_7630七宝瀧寺-19




本堂の少し手前には 護摩壇があり
その正面には 大きな大きな身代わり不動様がいらっしゃいます
IMG_7588七宝瀧寺-08



大きな大きな不動様 
お天気が本当によい日だったので パチリと撮ると火の光が入り込み 
まるで不動様のPOWERを捉えたかのような写真になりました
実際そうなのかも♪
IMG_7582七宝瀧寺-04




不動明王様は 大日如来様の化身とされ
迷いを打ち砕き 障りを除き 所願成就へ導いてくれるとして
古くから宗派の枠を超え 信仰されてきました
IMG_7583七宝瀧寺-05




火焔の中に身を置き 自らを火焔そのものにすることによって
その燃えさかる炎であらゆる煩悩・障害・一切の悪を焼き尽くします
IMG_7585七宝瀧寺-06

私たちの煩悩は焼いても焼いても尽きることなく 不動様は すごく大変なんだろうなぁ。。。。
すごく大変だから こんな憤怒の表情されているんだろうなぁ。。。
私=煩悩の塊 心苦しいけれど 大変だと思うけれど 私の煩悩も焼いてくださいね
不動様に会うといつもそう思ってしまいます(´―`) 


 







不動様にご挨拶をして さらに上へ向かいます
本堂にいらっしゃるのが 御本尊 倶利伽羅大龍不動明王様
秘仏なので 当然ですが写真はありません ご容赦を~~~

古来より運気の守護 命乞い不動尊として信仰されています
ご縁に感謝。




さらに奥へ進みますよ~~~!
IMG_7591七宝瀧寺-09





少し見えてきました 
IMG_7624七宝瀧寺-17





赤いお堂の横を通り 進んだ先にあるのが。。。。
IMG_7592七宝瀧寺-10







『行者の滝』です! 
IMG_7603七宝瀧寺-13




「霊力ある御瀧」として全国各地から多くの人が禊ぎに訪れる滝
夏の暑い日でしたが お水冷たくて この付近はひんやりとした空気
水が岩を叩いて しぶきが飛び 気持ち良い~~~ 

マイナスイオン&霊力のある瀧の水 
気持ちも体もシャキッとして POWERもらえた気がしました(^^)
IMG_7604七宝瀧寺-14




鎖がわかります? 
瀧修行の際に 水の勢いに流されないように持つ用なんでしょうねぇ

IMG_7598七宝瀧寺-12



※ 勝手な入滝は禁止!!! 神聖な修行 好奇心等での入滝はダメです
  また瀧修行は 犬鳴山入瀧作法伝授を受けた方に限られています 
  詳しくは 七宝瀧寺へお問い合わせくださいませ <(_ _)>    ※



IMG_7594七宝瀧寺-11



赤いお堂と滝の間に 赤い橋が架かっているのですが
この後 戻ろうとしたら。。。。。 向こう側に蛇さんがいる(T_T)
渡れな-----------い!!!!!!

この場で出会った蛇さん きっと幸運の蛇さんだと思うし
決して絶対に噛んだりしないし 害はないと十分わかっていますが
蛇さんがいると 怖くて行けない 足がすくんで動けません

既に橋の向こう側へ行っていた相方さんに 
橋のたもとに蛇さんがいます 蛇さんがいるから行けません(涙)と言うと
相方さん「可愛い蛇やから平気やって」 むしろ蛇に近寄ってる(T_T)

いえ本気で 心から無理なんやって!!!!
冗談じゃなく本当に泣いている私を見て ようやくこっち側に来てくれました
蛇さんが石と石の間にスルリと入っていったことを確認し(もちろん相方さんが)
相方さんに手を引いてもらって 橋を渡りました

涼しい場所で この日一番の汗をかいた私です。。。。(´―`)






長い長い余談でした 失礼しました。


七宝瀧寺を 訪れるきっかけとなったのが『義犬伝説』
宇多天皇の時代 猟師が犬を連れて 鹿を追っていました 大樹に大蛇がいて 猟師を狙っていましたが 猟師はそれに気づかず 鹿を射ようとした時 犬が急に激しく吠えました 驚いた鹿は逃げてしまい 獲物を失った猟師は怒って犬の首をきりました 犬は切られながらも大蛇めがけて飛び上がり 大蛇の頭に噛みつき 猟師を助けて大蛇と共に倒れました 漁師は自分の命を救って死んだ愛犬を葬り 七宝瀧寺で僧となり 永く愛犬の菩提を弔いました この話を聞いた宇多天皇は「報恩の義犬よ」と賞し 「犬鳴山」と勅号を与えたと伝えられています


その義犬のお墓が今も残っています
IMG_7631七宝瀧寺-20



命を賭して主人を守った義犬 
IMG_7633七宝瀧寺-21



今は 修行者・参拝者を守ってくれているそうです
IMG_7634七宝瀧寺-22





犬鳴山 そんな由来があったことを この夏初めて知りました
知ることでその場所に行ってみたくなり 訪れました
あのテレビ番組を見て良かった いいきっかけとなりました☆

まだまだ知らないこと 行ったことがない場所 たくさん!!!!
いろいろと学び 経験していきたいな(^-^)
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。