スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市左京区 広河原松上げ

※スマホの写真と デジカメの写真が入り乱れ サイズバラバラです※
※見辛いと思います ご容赦くださいませ※



京都へお出かけする時に参考にしているサイト
『京都のイベント情報 観光イベントカレンダー DigiStyle京都』
http://www.digistyle-kyoto.com/event/

週末どうしようかな~とカレンダーを見ていると
面白そうな興味を引く行事を見つけました でも場所が遠そう。。。。
相方さんへメール 「行ってみたい でも遠いよね」


その日の夜 相方さんからお電話「行くんやろ~♪」
えっっっ!!! 行けるの?行っていいの?
相方さん「行きたいんやろ? じゃあ行こ~」優しい いい人です(^ ^)

ワ~~~~イ♪♪♪ \(^-^)/ ♪♪♪
ということで 京都市左京区の 「広河原松上げ」に行ってきました!
13775199973054.jpg




おにぎり用意して 場所をナビにセットして はい!案内よろしく~
名神スイスイ進んで 大津SAで551の豚まん買ったりと 余裕~♪
13775199475500.jpg



すると。。。。途中から これ本当に国道?これ国道って言っていいの???
はっきりとした路肩がない曲がりくねった山道 急カーブに急傾斜
まわり真っ暗 他の車なく すくっと高い木々がまわりぎっしり立ち並び 
木の精霊っていると思うわ 自然壊して勝手に道作って怒ったはんねやわ
そう思うくらい木の圧迫感ビシビシ感じ 怖くて怖くて泣きそう(T_T)
この時 一つ間違えば別の世界に旅立つわと 妙に覚悟を決めました
万が一の時はサヨウナラ キャ---- 

ナビでこの道を選んだ自分に めっちゃ後悔 反省 相方さんに申し訳なく
いろんな意味で怖い道にドキドキし過ぎて はぁぁぁぁ(+_+)


13775205004247.jpg



相方さん「こういう道キライちゃうで~」とグイグイ運転 本当にエライ。
途中 急にブレーキ! こんなところで止まらんといて!怖いやん!!!!


すると相方さん「鹿おる」 


えっ??? え-----------!!!! 横に鹿いる!!!!
鹿さんと目がしっかりあって しばらく見つめあった後 
山の奥に鹿さん 消えていきました。。。 野生の鹿 いるんですね。。。
でも ここ『京都市左京区』ですよ! 市内!!! あ~ビックリ。






そんなこんなで 相方さんの運転はスゴイ エライとひしひしと感じて
ようやく京都市左京区広河原エリアに到着

すると駐車場案内をしてくれていたお巡りさんが「走って行き 始まるで」
は---い! 普段走りませんが 頑張って走ります♪

タッタカタ--- テケテケテケテケ 
広場に並べられて松明に 火が灯され始めていました 幻想的です
13775201519753.jpg


13775200788480.jpg



車の温度表示で22度くらいでしたが 松明が灯されると
その熱で どんどん暑くなって タラリと汗をかくほど暑~い
火の力ってすごいですね


13775201016641.jpg


13775199586931.jpg





カンカンカンと 鐘?の音が鳴り いよいよ松上げ始まります

13775200248486.jpg





火災予防・農作物の豊作・家内安全を祈願し
愛宕神社への献灯として行われる 広河原の松上げ
高さ約20mの大傘へ 四方から松明を投げ上げて火をつけます
投げられた松明が 暗闇に光の弧を描き 感嘆の光景

13775200103675.jpg




男衆さんがぶんぶんと松明をまわし 火の勢いを増して
かけ声をかけながら 松明を投げますが 約20mの大傘! 高い!
なかなか火がつきません




あと少し 惜しい!時は 見ている人たち「あぁ~~~(残念の声)
全く違う 別のところに投げられると 笑い声♪♪♪
男衆さんの掛け声も 威勢よく かっこいい。
投げるということは? 大傘に乗らないと落ちてくる!
自分の上に燃え盛った松明が落ちてくる中 投げ続ける男衆さん
火傷もするでしょう 怖いでしょう スゴイです 感服。

13775201854224.jpg



すぐ大傘に火がつくものかと思っていました(失礼)
大傘の中ほどに当たることはあっても なかなか大傘の上に松明のらず
それでも 次々に絶えることなく松明が投げられます


ブンブンまわして 投げあげる 何度もすると絶対にしんどい
疲れてくると思います でも男衆さんたちは 声を上げて
休むことなく 次々に松明を投げます
時間が経つほどに 声は大きくなり 勇壮な姿に感嘆 素晴らしい。


その瞬間 その瞬間を全員が祈るような気持ちで待っていて
松上げ場・まわりの人全員が 同じ気持ちで見つめていた気がします




ついに!!!! 一つの松明が大傘の上に!のりました!
ウワァ~~~~って 大歓声です\(^0^)/
大傘のてっぺんが 燃え盛り 嬉しくて 思わずウルウル(涙)





13775200353327.jpg


しばらくすると男衆さん「ほどけ!ほどいたか?ほどけ!ほどけ!」
うん?と思い 見ていると 大傘がド----ンと倒れました
立てたまま大傘は燃え尽きるのかと思っていました 違うんですね~




13775204839486.jpg





大傘を倒して もう火は消すのかな? これで終了かな?と思っていると
またしても予想を外されました!
今度は 火の山になっている大傘に 棒を突き刺してかき上げます!



13775200612809.jpg



 

鐘がカンカンカンと連続して鳴ると
長い棒を持った男衆さん数人が火の山めがけて突進!!!
火の粉が舞い上がり 火柱や高く 高くあがります
わぁぁぁぁ~~~~~!!!!圧巻の光景!


13775204678155.jpg




これを何度も何度も繰り返して その度に大きな火柱がたちます
もう終わる?と思うと 鐘がカンカンカンで 火柱わぁ~~~~!!! 
火の力強さ 男衆さんの力強さに魅せられて目が離せません(^^)


13775205284009.jpg



気づけば始まって1時間以上 ようやく火も小さくなり
男衆さん達が集まって どうやら終了の様子
あっという間 本当にあっという間で 時間を忘れていました
真っ暗っていってもいいと思う それくらいの暗闇の中で
小さな火から始まり 火が舞い踊り 大きな火になって 火柱に。。。

表現するのは難しい、 体の奥に響く体験でした

13775205381310.jpg






いつも思っていますが 今回も相方さんの行動力 決断力に感謝
そしてあんな道を飄々と運転して 連れて行ってくれて感謝

13775199860513.jpg






最近の私 とっても恵まれてる!素晴らしい体験たくさんです!!!
この機会 ご縁に本当に感謝 行くことができて良かった~(^-^) 
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。