スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 本法寺 春季特別涅槃図開帳・特別寺宝展

京都 本法寺で 4月15日まで開催中の
春季特別涅槃図開帳・特別寺宝展に行ってきました
IMG_3033本法寺-01




本阿弥光悦作庭の『巴の庭』と 長谷川等伯筆佛涅槃図
等伯の絵は 結構好きなので 楽しみ(^^)
IMG_3034本法寺-02





基本的に建物内は写真撮影禁止の為 涅槃絵図の写真はありません
入ってすぐのところと お庭と廊下付近はOKだそうです
IMG_3035本法寺-03






長谷川等伯と本法寺十世 日通上人は特に親交が深く
本法寺の塔頭教行院を宿としていた為 作品や所縁の品が多数伝わり
涅槃絵図は 長谷川等伯が一族の供養の為に描いたと伝わります

開帳時期以外はレプリカを展示していて 一年に一度開帳されるそうです


そんな涅槃絵図 縦約10メートル 横約6メートルと 非常に大きく
京都三大涅槃絵図の一つとされ 重要文化財にも指定されています

涅槃絵図は 涅槃会館にて開帳されており
1階では 涅槃絵図の下部を間近でじっくり見ることができます
ネコや象 ラクダや鹿 孔雀等のたくさんの動物や 麒麟等 想像上の動物に
仏陀のお弟子さん 天界の人等 悲しむ人がたくさん描かれていました
天界にいる 仏陀のお母さんが投げたお薬が 木に引っかかっているのを見ると
あれが届いていたら 仏陀は生き延びたのかなぁ?といつも思ってしまいます

涅槃図が掛けられた涅槃会館の吹き抜けの2階では 涅槃絵図の上部を見ることができ
1階で見上げていた時にはわからなかった 仏陀の衣の模様や
川や木などを くっきりと見ることができ 1階・2階それぞれから見ることができるのは
かなり良いなぁと思いました

案内係の人が 描かれている人物や 等伯の当時の状況などについて
いろいろとお話し下さるので 気づかなかったことや知らなかったことを
たくさん聞くこと&知ることができて じっくり涅槃絵図を見ることができました


涅槃会館の前に広がるのが『十の庭 つなしのにわ』です
「十」と書いて 「つなし」 不思議な読み方だなぁ? そんな読み方あるんだ。。。と
思っていたら お寺の方「どうして『十 つなし』かわかりますか?」
IMG_3054本法寺-12



お寺の方 曰く
「頓知のような名前なんですよ
1から9は ひとつ ふたつ みっつ・・・・・・ここのつと 『つ』がつくでしょう
でも10は じゅうつ とうつ とは言いませんよね 『つ』がつく呼び方がない
だから『十』と書いて 『つなし』なんです」



さらにお寺の方から 興味深いお話がありました
「十の庭 石が10個あるとされています ですがどの位置からどう数えても
石は9つしかないんです もう一つは隠されているのか 
それぞれの心の中にあるのか それもまた作庭者の頓知なのかもしれませんね」
IMG_3050本法寺-09





お庭を右から見ても 左から見ても 木の陰を覗いても
石は9つしか数えることができません
IMG_3052本法寺-11


IMG_3051本法寺-10





本当だ。。。。 『十の庭』  お寺の方のお話を聞かなければ
整えられた 素敵なお庭だなとしか 思わなかったはずです
お話を聞くことで ぐっとお庭の魅力を深く感じ 記憶に深く残りました
面白い(^^)




もう一つのお庭が 江戸時代初期の書家として そして陶芸家として
著名な本阿弥光悦作庭の『巴の庭』
IMG_3049本法寺-08




書院近くには 半円2個を組み合わせた円形の石と
長方形の石10個で縁取った蓮池がありました
IMG_3039本法寺-04




こちら本法寺は日蓮宗本山の一つ
円形で『日』 蓮池が『蓮』 二つで『日蓮』かもしれませんねぇ
IMG_3042本法寺-05





お庭の奥には枯瀧石組 苔や木々の緑の中 縦長の石の青さが際立ち
石で水の流れを表現を じんわりと感じることができました 
IMG_3045本法寺-06





箇所箇所に お花が活けられていたり 咲いていたりと 美しい。。。
IMG_3056本法寺-13


IMG_3047本法寺-07







涅槃絵図とお庭を堪能した後 本堂の方へ向かいました
IMG_3059honpoji-14.jpg


IMG_3060honpoji-15.jpg


IMG_3064honpoji-18.jpg


IMG_3062honpoji-16.jpg






本堂横には 涅槃絵図を書いた長谷川等伯さんの像
IMG_3081honpoji-26.jpg




等伯さんが仰ぎ見る先には 多宝塔
IMG_3082honpoji-27.jpg


IMG_3063honpoji-17.jpg






多宝塔の横の桜は 周りよりも早く咲いていて
空色で彩られた多宝塔と 白く可愛らしい桜がベストマッチ☆
IMG_3065honpoji-19.jpg


IMG_3069honpoji-20.jpg


IMG_3079honpoji-25.jpg


IMG_3072honpoji-21.jpg


IMG_3078honpoji-24.jpg







実は訪れたのが 桜の咲き始めの頃(日が経った内容ですみません)
本法寺は 桜が見事なお寺としても知られているそうです
来年は満開の頃に 来てみたいなぁ(^-^)
IMG_3077honpoji-23.jpg


IMG_3074honpoji-22.jpg






本法寺さんでは 涅槃絵図だけでなく お庭などについても
お寺の方が とても気さくに いろんな説明やお話をしてくださるので 
発見がたくさん!驚きたくさん!あり 
しかも 穏やかに時が流れる雰囲気があり ゆったりとした気持ちになれました




まだまだ知らないこと 知らない場所 素敵なこと 素敵な場所が
たくさん たくさんあるんですよね 
一つ一つを大切に 機会を逃さず感謝して 出会っていきたいです(^-^)



本法寺
京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617番地
市バス 堀川寺之内下車 徒歩約3分
IMG_3084honpoji-28.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。