スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続く九州旅行3日目 青島神社

九州旅行記3日目 西都原を後に 宮崎の南国ムードたっぷりの道をドライブ

宮崎 青島神社 1

向かうは 海とビロウ樹に囲まれた 青島神社 です
宮崎 青島神社4

海に浮かぶ小さな島 青島には北半球最北の貴重な亜熱帯性植物群落があり
樹齢三百年を超えるビロウ樹やハマカズラ等 熱帯亜熱帯植物をはじめ
多くの植物があり 国の特別天然記念物に指定されています


青島へは海の上にかけられた参道を歩いて向かいます

宮崎 青島神社2

参道横には鬼の洗濯板と呼ばれる不思議な岩
砂岩と泥岩の重なる層が波食により洗われ、やわらかい部分が削られて出来たそうです
巨大な洗濯板のように見える為 鬼の洗濯板(鬼の洗濯岩)と呼ばれています

宮崎 青島神社3

見れば見るほど不思議な岩 近くて見ても 自然がつくったとは思えない形
コンクリートで整備されたのかと疑うほどキレイに形作られています 不思議~
宮崎 青島神社5

参道を渡る鳥居が現れます
宮崎 青島神社6

いよいよ青島神社です! 朱色の神門を ビロウが取り囲み トロピカルな様相
1200年以上も前からあると伝わる神社
宮崎 青島神社7

神武天皇の祖父神といわれる海幸彦・山幸彦ゆかりの地
山幸彦 彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)夫婦神と
彦火火出見命を海積宮へ送り出した塩筒大神(しおづつのおおかみ)三神が祭られ 
縁結びや安産に御利益があるといわれています

また山幸彦が海積宮(わだつみのみや)から無事戻ってきたことに由来し
航海・海上安全 交通安全にもご利益があるそうです
宮崎 青島神社8

心をこめてお参りしましょう 
宮崎 青島神社11

彦火火出見命と豊玉姫命夫婦神が描かれた絵馬  可愛らしい
宮崎 青島神社 9

宮崎でキャンプをする読売巨人軍の選手 皆さんが書かれた絵馬もおさめられていました
どれが誰のやら~~?
宮崎 青島神社10

本殿からすぐ横の入り口から御成道(おなりみち)を進みます
青島を覆うビロウは約5000本もあるそうです まさにジャングル 熱帯雨林です
宮崎 青島神社12

普段見慣れない南国の植物がたくさん自生 力強い生命力を感じる場所でした
宮崎 青島神社15

青島神社のルーツ 元宮をお参りしました
宮崎 青島神社18



元宮の横に 2本のビロウが お参りする時に鳴らす鈴をぶらさげていました
その鈴の紐には いろんな色の細い紐が結び付けられ 全体が可愛く彩られています
宮崎 青島神社14

実はこの2本のビロウは「愛の木」として知られる御霊木の「夫婦ビロウ」
2本が仲睦まじく一つになっていることから 和合・生産・繁栄・結び等の信仰として
手厚く祀られているそうです

夫婦ビロウの間にそれぞれの願いに応じ色の付いた紙縒(こより)を神木などに結び
祈願するのが産霊紙縒(むすひこより)
ピンクは恋愛 白は心願成就 黄色は商売繁盛 碧は生業成就 紫は心身健全
やっぱり圧倒的にピンクが多かったですね
宮崎 青島神社13

街から歩いてすぐに渡ることができる青島
しかし昔は霊地として一般の入島は許されず 藩の島奉行と神職だけが入島を許されていました
元文2年に当時の宮司さんが一般の参拝者にも入島を許されるよう藩主にお願いし
許可され 以後入島が自由になったそうです 
昔から聖域として保護されていたので植物や岩石などが自然のまま残ったとのこと
宮崎 青島神社16

かつては新婚旅行の地として人気を博していたそうです
宮崎 青島神社19

お参りの後 少し海岸で波と戯れてみたり 奥に見えるのが青島です
宮崎 青島神社22

鬼の洗濯板にも 波打ち際の砂浜にも きれいな色の貝がたくさん
宮崎 青島神社21

たくさんのビロウの樹と 鮮やかな朱色の神社 たくさん楽しい思い出ができました
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

鬼の洗濯岩は中学生のころ一度行きましたが、
神社の記憶が全くないです・笑
いっぱいご利益のある神社なのですね~、ぜひ行ってみなくては!

元宮の写真に写っている狛犬が、ちょっと沖縄のシーサーちっくですね。
さすが南国だなぁと思いました。

それにしても美美さんの写真、構図とか写すものがほんとにいいので、
すごく自分が行った気分になります~。

pelota 様

pelota 様  鬼の洗濯岩も行かれたのですね!
私は今回の旅行で ガイドブック等により初めて知ったところばかり
まだまだ日本には魅力的な場所がいっぱいですね~

ご利益多く 歴史ある神社なのですが 南国の雰囲気もたっぷり
そうそう 狛犬さんも何だかエネルギッシュでした笑

稚拙な経験の私が取る写真を楽しんでし頂けるなんて
恐れ多いような 嬉しいような(^-^;)
少しでも雰囲気や楽しかった気持ちが伝わっていれば嬉しいです♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。