スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府庁 旧本館を訪れました

京都 丸太町通を東から西へ 車で通った時
相方さん 「京都府庁旧本館って 行ったことないわぁ」 
私 「えっ?行ったことなかった? 春の一般公開したはるやん?」
相方さん 「行ったことない 行こか」

府庁

基本的に 人生経験(年数♪)の違いから 私よりもいろんなことを知っていて 
いろんなところに行ったことがある相方さんですが 京都市内においては
私⇒行ったことがある 相方さん⇒行ったことがない場所が多くあるようです


一時期 少しでも時間があれば京都に出かけ 
一人でもウロウロいろんな場所を訪れていたからでしょうね



門をくぐって すぐ右側に 見頃の紅葉がありました
紅色 橙色 黄色 黄緑色 カラフルな世界が広がります
府庁


紅葉越しに見る府庁旧本館 
府庁
なかなか素敵や~ん♪と自己満足で撮っていると
「それええね! そこから撮るの面白いわ!私もそこで撮ろ♪」と
ちょうど旧本館で開催されていた講座帰りのおじさま おばさまに
褒めていただきました(*^-^*)



京都府庁旧本館は 1904年12月20日竣工 昭和46年まで府庁本館として使用
現在も執務室や会議室などは使用され 創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物として
日本最古であり 2004年には栗の重要文化財に指定された建物です
府庁



ルネサンス様式の西洋建築 
府庁



芸術的意匠が随所に施され 美しい細工や造りが見てとれます
府庁


階段上の灯り よ~く見ると一つ一つ 上下に飾りが施されていました
過剰に華美すぎず でも質の良い美しさ センスの良さに感嘆。。。

府庁

階段を上がり 窓の外を眺めたりしていると
府庁関係者らしき方に「どちらから来られたのですか?」と
お声をかけていただきました

大阪からですとお答えすると
「休日の今日は本来公開・案内をしていないのですが
 せっかく来られたのですから旧本館内をご案内しましょう」と
素晴らしい申し出が!ぜひ!よろしくお願いします(^0^)!




木のフレームの お洒落なメガネをかけた男性に
いろんなお話 エピソードを交えながら ご案内して頂きました♪
まずは昭和46年まで実際に使用されていた旧知事室や旧食堂へ


★本来もっと細工・造りに凝った本館を作る予定が諸情の事由により
コスト削減に努め 当初の予定よりもシンプルになった(十分豪華ですがね♪)

★旧知事室からは窓から そして鏡越しにも大文字のお山を眺めることができ
室内にある家具は たばこ王 村井吉兵衛氏寄進(長楽館元持主でもありますよね)
★建物外装及び内装(家具含)の至るところで飾られているモチーフは
ギリシアの国花 アカンサス(ハアザミ)花言葉は「芸術」「離れない結び目」

★旧食堂には 職員出欠がわかるランプがあり 出勤するとランプが点灯
見に行かなくてもわかるシステムが明治時代に既にあったそうです

府庁

★旧本館の窓ガラスは 全て手漉きガラス 近くで覗き込めばゆらゆらと
景色が揺らいで見えたり ガラスに気泡が入っていたりする


★テレビドラマの撮影で よくこの廊下を検事さんや刑事さん役の俳優さんが
歩いていたり 走ったりしているそうです(^^)オモシロイ 

府庁


★大広間「正庁」をメインに 旧本館では結婚式などイベント使用が可能
年間数組のカップルが こちらで結婚式を挙げている

★でも最近では 造りものではなく 実際の建物で 歴史・雰囲気がある西洋建築の為
コスプレの方々が写真撮影イベントで 使うことの方が 回数が多い

★旧本館は 幕末京都守護職として京都に来た 会津藩松平容保の上屋敷があった
ゆかりの場所であり また来年大河ドラマの関係もあり 訪れた翌日には
会津市から100名超の団体がお見えになり 大広間「正庁」でお迎えされるご予定

府庁


府庁


★正面玄関の上 正庁の中央に位置するバルコニーは 人類初有人宇宙飛行を成功させた
当時ソビエト連邦の ガガーリンが 昭和37年来日時に 京都府庁旧本館を訪れ
詰め掛けた観衆に手を振ったバルコニー その時の新聞記事が貼られていました

府庁



ガガーリンが立ち 手を振ったのが このバルコニー 現在は耐震補強中の為 
その場に立つことはできませんが 窓から眺めることができます
府庁


★旧本館 建物全体は中庭を囲む口字型に設計 四方を建物に囲まれた 
中庭を設計したのは 明治から大正期を代表する庭師 7代目小川治兵衛氏
平安神宮神苑や無鄰庵庭園を手がけたことで有名な庭師さんです 




中庭には 6本の桜があり その中央にあるのが枝垂れ桜です
近年この枝垂れ桜が 丸山公園初代「祇園枝垂れ桜」の孫に当たる実生木と判明
京都桜の名所として有名になってきているそうです

府庁


今年の春の特別公開の頃 テレビ中継もされたそうで 
ご案内して頂いた方が撮られた その時の写真や 満開の桜の写真を
たくさん見せて頂きました 艶っぽい桜がとっても綺麗

今は 葉も落とし 冬を越す段階に入っている桜の木々ですが
冬の間に 春に咲かせる力を蓄えて 春には美しい姿になるんですよね♪

相方さん「これは春にもう一度来ないといけないね!」
ぜひ!来ましょう! 本館ガラス越しに見る桜も 素敵なのよ♪
府庁



偶然お会いした方にお声を掛けて頂き へぇ~そうだったのね~!と 
驚いたり頷いたりするお話で 魅力たっぷり案内して頂けた機会に感謝

ご案内頂いた方は とってもお話し上手で とても面白いお方でした
「せっかくなんで京都を楽しんでくださいね」という言葉と共に
府庁のことだけでなく 府庁近くの美味しい飴屋さんや 
錦市場にある麩嘉さんの本店?や 和菓子屋さんの場所等も教えて頂きました 


京都府庁旧本館だけでなく 人や歴史 京都の素晴らしさを
あらためて実感 やっぱり京都大好きです(^-^)♪好き~~♪ 
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。