スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾 北投温泉の親水公園露天温泉浴池

ついついお気に入りのお店や場所を 何度も行くことが多いのですが
5月の台湾旅行では 「初めて」をたくさん経験

そんな「初めて」の一つ 台湾で温泉に入る!を実現しました(^^)



陽明山温泉や烏来温泉などなど 温泉が多い台湾
北投温泉は MRT一本 台北駅から一時間かからない近さ
今回は 北投温泉に行ってきました


まずはMRT淡水線で 北投站へ
新北投温泉


駅には 可愛いのかそうでないのか ビミョーなお人形
泥水っぽいんですが たぶん温泉につかってリラックス~なご様子
新北投温泉


北投站で 新北投支線に乗り換えて 新北投站へ
とはいっても この線の区間は 一駅だけ あっという間です
新北投温泉



新北投站でも お人形さん達がお出迎え チョットブキミ
新北投温泉



北投温泉は 1894年にドイツ人商人が発見
日本の玉川温泉と同じ泉質 強酸性のラジウム温泉です
 
新北投温泉


北投温泉には 宿泊施設はもちろん 日帰り入浴が楽しめる施設が数多くあります
ただインターネットやガイドブックで紹介されている日帰り入浴だと 
結構お高いところも多く 日本と同じ もしくは日本より高いところも有り
どこにしよう?というのが 一番の悩み 
旅行前から ずっとどこするか悩み 台湾に着いてからも決め切れず

相方さんは「テレビで見た 親水公園露天温泉浴池が行きたい」と言っていましたが
○時間制で入替 ○施設情報が少ない=着替場所やロッカーなどの有無がわからない

どこにしよう・・・・・・?
北投温泉に着いてから いろんな施設をのぞいて決めればいっか~


でも北投温泉に着いた時から ううん もしくは向かっている時に既に
相方さんは 親水公園露天温泉浴池に行く!と決めていた様子
MRT新北投站を降りて 「どっちに行ったらええの?」と私を見ます


いまいち場所や距離を把握せず 上り坂をトボトボ
こっちで良いのかなぁ? そもそも歩いて行けるところにあるの?不安。。。



歩いて10分ほど? あっけなく親水公園露天温泉浴池に到着(笑)
新北投温泉


公営の露天温泉施設 親水公園露天温泉浴池
新北投温泉


迷わず来れて しかも思っていたよりきれいな感じ(失礼)
さっきまで 乗り気ではなかった私ですが 
思いっきり前のめり めちゃめちゃやる気! さ!入ろう♪
新北投温泉


1回 たったの40元!!! 安いですよね~~~
朝5:30から 夜22:00まで 6回の入れ替え制になっています
11時頃に到着したのですが 待つこともなく無事に入れました
新北投温泉


こちらは男女混浴の為 水着を着ての入浴です
台湾では 日本のように裸で入力できるところは多くなく
混浴&水着着用のところが多いそうです
新北投温泉



最初から親水公園露天温泉浴池に入るつもりだった相方さんは
ちゃんと 水着&タオルをかばんに忍ばせ持参していましたが
私は水着もタオルも無

でも大丈夫! 
入口を抜けて すぐのところに 水着やタオルが販売されています
水着とタオルを購入して 準備OK お風呂はいろ~~(^^)
新北投温泉


広い敷地内は 坂になっていて 浴槽が段々畑のように連なって設置
一番上から 高温 → 中温 → 低温となっていました
源泉が上の浴槽から下の浴槽へ流れていき 徐々に温度が下がるようです
横には水風呂もありました

心配していた着替場所は シャワー付きでお風呂の横にありました♪
男女分かれて 5~6個あったように思います
他にも 1回10円のコインロッカーもあり お財布や荷物も安心

新北投温泉

一番上の浴槽は とっても熱くて 足をつけるので精いっぱい(苦笑)
二番目の浴槽はほど良く熱くて 日本で普段入る温度に近い?39~41度?
一番下の浴槽は ぬるめで 長く入っていられそうな温度

水風呂に入ってクールダウンしたり 二番目の浴槽にちょっと入ったり
いろんな温度に浸かりながら 一番下の浴槽でタラ~~~ン♪極楽♪

しばらくすると ぶわぁっ!と汗が噴き出してきました
どんどん どんどん汗が噴き出してくるのには ビックリ!!!
温泉効果ですね(^-^)

新北投温泉

かなり混雑すると聞いていましたが この日は朝雨が降っていた為か
それほど多くなく ゆったりのんびり過ごすことができました


手軽さ 安さ 地元の方との触れ合いに 抜群の温泉効果☆
親水公園露天温泉浴池 かなりおススメです(^-^)
スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。