スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫香楽宮

MIHO MUSEUMで 若冲ワンダーランドを楽しんだ日
美術館から 新名神高速道路入り口までの間で 気になる看板を発見しました

紫香楽宮跡」  しがらきのみやあと

「しがらき」 というと 「信楽」と思っていましたが
周辺の駅や 病院の名前にも「紫香楽」の文字があります

相方さん 「 聖武天皇の頃かなぁ? 一時期 この辺 都やってんで~ 」
はい??? なんで知ってるの??? 意外な時に意外な知識持ってるよねぇ 感心感心

紫香楽宮は 離宮として造営され 平城京→恭仁京→難波宮→紫香楽宮→平城京と
都が移り変わった時期に 短期間ではありましたが 都だった場所 

せっかくなので 遺跡の一つ 甲賀寺跡へ行ってみました
滋賀 甲賀寺跡

聖武天皇により造営された甲賀寺 現在は金堂跡に 
紫香楽宮という扁額を掲げた神社があり
滋賀 甲賀寺跡


その後ろには 講堂などの建物の柱の位置を示す礎石が数多く残っていました
滋賀 甲賀寺跡


大正15年に 史蹟紫香楽宮跡とされた この甲賀寺跡ですが その後の調査で宮跡ではなく 礎石から 西側は金堂 講堂を中心に 東側に塔を配する東大寺に似た寺院の伽藍配置が確認され 聖武天皇が東大寺に先駆け大仏を造ろうとした 甲賀寺跡 とされたそうです
滋賀 甲賀寺跡


滋賀 甲賀寺跡



現在では この甲賀寺跡(史蹟紫香楽宮跡)から2kmほど北ある 宮町遺跡が
宮殿の跡 紫香楽宮跡とされているそうです



紫香楽宮 華やかで 楽しげな 美しい漢字の組み合わせ 
名前にこめた 当時の人々の思い 

遠い時代に思いを馳せた時間でした

スポンサーサイト

テーマ : 滋賀県意外とエエとこやで - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。