スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若冲ワンダーランド

江戸時代に活躍した画家 伊藤若冲さん 大好きな画家さんです

京都錦小路の青物問屋に生まれ 家業を継ぎますが 20年程後 弟に家督を譲り隠居
その後「動植綵絵」や「釈迦三尊像」など85才で亡くなるまで 数多くの作品を残しました

初めて 若冲さんの絵を見たのは 2007年に相国寺承天閣美術館で開催された若冲展

皇室に献納された「動植綵絵」30幅が120年ぶりに相国寺に里帰りし 相国寺に納められている釈迦三尊像と再会 全33幅が一つの部屋で一挙公開された貴重な機会 以来 時にユーモラス 時にあまりにもリアル 心に響く若冲さんの絵にすっかり魅了されています

そんな若冲さんの世界が 滋賀県信楽市にある MIHO MUSEUM
若冲ワンダーランド」として開催中と知ったのは 雑誌サライ11月号
(大覚寺五大明王様もこのサライを見て会いに行きました その時のことは 

そして先日 おいしいゴハンin京都 の くまこ様のブログでも紹介されており
行きたい気持ちが抑えられず 開催最終日の12月13日に 行ってきました
(終了した展示についての記事となり 申し訳ございません)

 

2008年 新たに発見され 今回が初公開となる「象と鯨図屏風」を中心に
若冲ワンダーランド

国内外の若冲さんの作品が 多数展示され まさにワンダーランド

また 池大雅さん 与謝蕪村さん 円山応挙さんなど 
同時代を生きた「ワンダーランドの共住者たち」にも照明を当てられているそうです

展示されている棟に入り 
若冲ワンダーランド

この階段の右へ上ると 若冲ワンダーランドが始まります
若冲ワンダーランド

鶏や 草花 伝説の動物に 鸚鵡や お野菜 おどけたような 布袋さん
ゆったりとした空間 存分に 若冲ワールドを堪能です

普段こういった展覧会などに来ると 途中で飽きてしまう相方さんも 若冲さんは別 
二人とも 子供のように 若冲さんの絵に魅了され ワクワクして 「 興奮 」状態


昨年 若冲さんの作ということが 確認された 鯨と象
思っていたよりも 大きく 象さんはなんとも愛らしく ダンボ?みたい♪
江戸時代に 象さんや鯨を 描いたことにも驚き その可愛らしさ 大胆さ おおらかさ
もうなんとも言えず 愛らしい! 可愛らしい! 心ぎゅっとつかまれます



次のような 若冲さんの言葉があります

「いまの画というものは みな手本をもとに描くばかりで
 いまだ物を描けたものを見たことがない
 そして技術によって売れることばかりを求めていて
 技術以上に進むことができたものがない
 自分が人と違っているのは        この点だけなのだ」


鶏を描くために 数十羽 飼っていたそうです

自分の絵を お米一斗 = 十升 として 晩年は 米斗翁と落款を押していたとか

知れば知るほど 興味がわいて 魅了されてしまいます





本当に来ることができて 実際に見ることができて 良かったです
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

美美さん、こんばんは

相方さんと若冲さん楽しまれたご様子、何よりでした
やはり本物を目にするのは嬉しいものですね
2年振りの再会もおありだった事と思います

美術館も散策だけでも楽しいですし、MIHOさんはとっても素敵ですね
また良い展示があるといいですね、遠方までお疲れ様でした

くまこ様

くまこ様 おはようございます(^^)
いつもコメントを書いて頂き 本当にありがとうございます

若冲さん! 堪能してきました~~~
あれだけの数を一度に見ることはなかなか無い機会
雑誌や新聞で見るよりも やはり実物を見るほうが感じることも多いですよね
本当に興奮しました(^^)☆

景色や 美術館外観だけでなく 明るいエントランスなど
本当に素敵な場所 春の頃は しだれ桜がきっときれいでしょうね♪
思いきっていく 弾みをくまこ様に頂きました ありがとうございました

若冲

一時期は海外での評価ばかりが先行していた若冲の絵ですが、日本での最近の人気ぶりは、ちょっと嬉しい驚きです。
ニワトリなどのリアルさには、圧倒されますが、象はダンボみたいとは、ちょっと面白ですっ(笑)。

ぬぬ太 様

ぬぬ太 様 こんにちは(^^)コメント頂きありがとうございます

若冲さん 海外での評価素晴らしいそうですね 見る目がありますよねぇ
展示されている作品の多くは海外か個人所蔵でした 
個人って!とびっくりし いいなぁ~と思いました笑

ダンボ・・・語彙と表現力の乏しさゆえでございます(^^;)
すっごく 可愛かったんですよ♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。