スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 曼殊院 黄不動さん 特別公開中です 

京都市左京区の曼殊院で 
3日から 国宝の仏画「絹本著色不動明王像」 黄不動が公開されています!
展示は12日まで 次回の公開は早くても15年後だそう・・・・

あと5日間です!!!!! 興味のある方はぜひ!!! 貴重です



先週末 相方さんとどこへ行こうか話していました
テレビで京都の番組があり 録画していたのを 見た相方さん 「曼殊院がいいと思うわぁ」
ということで行ってきました  
(同じ時に見ていたはずの私  う~~ん記憶に無い♪ 見ながらウトウトしたようです笑)


曼殊院門跡といわれる 洛北屈指の名刹
(門跡とは 皇室一門の方々が住職をされたところ)
京都 曼殊院

中は写真不可  ぜひ実際に訪れてみて下さいね!
京都 曼殊院

もともとは比叡山西塔あり 東尾坊とよばれていましたが
点々とところを変え 後に現在地に桂離宮を造営した八条宮智仁親王の次男
良尚法親王が再建 造営されました

良尚法親王の筆の 竈媚 
「その奥に媚びんよりはむしろ竈に媚びよ」という意味だそうです
京都 曼殊院

現在 虫干しのために 特別に 色々なものが公開されています
黄不動明王(国宝) や 「古今和歌集(国宝)」 「源氏物語(重文)」などなど・・・・・
知らずに訪れ 貴重な出会い とても すごく いえ すっごく貴重な出会いでした
良尚法親王の書かれた字も 見ることができました 面白みのある字の屏風

お庭も有名だそうです  お庭の価値を見るほどに目はまだ養えていませんが
可愛らしかったり 面白かったり  風光明媚そのものであったり 
一つ一つが とても興味をそそる風景 本当に 本当にきてよかった・・・・・・♪

京都 曼殊院

まわりは 木々と 苔と 日の光が美しい調和で 魅了します
京都 曼殊院


京都 曼殊院



貴重な品々 歴史 に 出会えた貴重な機会 
それに出会えたことで感じた 自分の感情に感想
行ってよかった これ本当です そう感じ得たことに感謝 感謝です



黄不動さんは 思いがけず お洒落さん♪ 会えて良かったです


曼殊院京都市左京区一乗寺竹ノ内町42  075-781-5010
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

コメント

曼殊院行きましたよ

もう30年以上前の夏ですが、とにかく暑くて濡れ縁で昼寝しましたよ。
地元の人が来るぐらいで、のんびりしたものでしたが、今は撮影禁止ですか?
変われば変わるものですね・・・

dejavuewords 様

dejavuewords 様 おはようございます♪コメント頂きありがとうございます

曼殊院で お昼寝ですか!!!うらやましい~~~~~(^◆^)
お庭がかわいらしくて 明媚で 素敵で  ひっくり返ってぼけ~~っとしたくなりましたが
とてもそんなことが 許されるような雰囲気ではなく・・・・ おとなしく観賞
今は 写真撮影禁止でした  
写真に残せないと思うと 記憶に残したくて よりじっくり観賞する時間になりましたよ

おそらく黄不動さんが特別公開されていることもあるのでしょう 
たくさんの方が拝観に来られていました

また 訪れたい 場所のひとつです(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。